【黒い砂漠】亜鉛鉱石について

@派遣場所について

黒い砂漠ではログイン中のみ、

素材アイテムを一定時間ごとに取ってきてくれるシステムがあります。

 

冒険者が労働者を雇って、素材が入手できる場所へ派遣させるので、

労働者派遣なんて呼ばれているものです。

 

また労働者派遣で、欲しい素材がある時は、

検索機能付き、労働者派遣場所一覧を使うのがオススメです。

(メニューにあるものと同じものです)

 

@派遣場所一覧

〇廃鉄鉱山

最も貢献度の消費が少ない派遣場所です。

 

〇オマル溶岩洞窟

廃鉄鉱山とオマル溶岩洞窟への派遣が貢献度消費が少なくためオススメ。

またここでは「石炭」も貢献度3で入手が可能です。

 

ケプラン村上部にある「ケプラン採石場」での派遣で入手数が間に合わない場合は、

こちらにも派遣させるのがオススメです。

 

〇古代の隙間

・ハイデルから接続

ハイデルから貢献度9で接続することができます。

 

・タリフ村から接続

タリフ村から貢献度11で接続することができます。

 

・アルティノから最短で接続

アルティノから貢献度13で接続することができます。

 

・アルティノから上回りで接続

アルティノから貢献度16で接続することができます。

 

接続するだけで貢献度を大きく消費しますが、

追加で下記の素材アイテムを入手することができます。

オマル溶岩洞窟 :亜鉛鉱石(3)

メディア海岸  :銅鉱石(3)

石尻尾の荒地  :アカシアの原木(3)

エルリック寺院 :ヒノキの原木(3)

メディア北部高原:ヒノキの原木(3) / カエデの原木(3)

 

〇カルク渓谷

派遣は「知恵の古木」「ドベンクルン」の2か所からの派遣方法がある。

使用貢献度が非常に多いので、貢献度に余裕のある人は~ですね。

・ドベンクルン:貢献度13

・知恵の古木 :貢献度14

 

ここでは副産物で「真銀」を入手することができますが、

非常に入手数が少ないので、真銀を狙った金策としては向きません。

 

知恵の古木は、

労働者を増やすのに課金でしか増やせないというデメリットが存在します。

しかし、労働者のガチャで非常に職人の労働者が出やすい場所なので、

等級の高い労働者で派遣できるメリットも存在します。

 

ちなみに倉庫の拡張は、

「ビブ・フォレタ山荘」にある家を倉庫にすることで拡張できます。

 

Author: しぇるしぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。